ニューヨーク・タイムズスクエアの広告料は?最新は「波打つ」

 

こんにちは、安田ケリー(@kry_ysd)です。

実は私、毎日ニューヨークの最新情報をチェックしているくらいニューヨークオタクなんです!

 

さてみなさん、世界の交差点・タイムズスクエアってどんな場所かご存知ですか?

(夜のタイムズスクエアを女ひとりで闊歩した記事はこちら→【女子旅 NY♡】世界一有名な交差点!タイムズスクエアに繰り出そう!

 

これがそのタイムズスクエア。

 

言わずと知れた、巨大な電光掲示板や看板がたくさん集まっている場所です。

この場所を実際に訪れた私が気になったこと。

 

安田ケリー

このでかい看板の使用料って一体いくらかかってるの?

 

みなさんも気になりませんか!?

今回は『タイムズスクエアの巨大看板事情』をご紹介します!

 

どんな広告が掲載されているの?

 

タイムズスクエアにある無数の電光掲示板と看板。

それらには、様々な企業が広告を掲載しています。

 

日本の大企業『東芝』、アメリカではおなじみの『DUNKIN’ DONUTS』、有名なミュージカルの『CHICAGO』『WAITRESS』『SCHOOL OF ROCK』、その他中国企業の広告など多種多様。

 

どこを向いても電光掲示板。看板。広告。

「石を投げれば広告に当たる」とはまさにこのこと!(でも投げちゃだめ!)

世界中のどこを探しても、こんなにも多数の広告が集まっている場所はないのではないでしょうか。

 

気になる看板の料金は…

 

この巨大看板の中でも特に目を引くのはやはり、闇夜にも鮮明に浮かび上がる電光掲示板

冒頭にも書いたように「世界の中心」という場所である上、こんなにも大きい。

 

安田ケリー

気になるお値段は…

 

看板の場所や位置、大きさにもよりますが、料金の相場は1ヶ月で30万ドル〜40万ドルだと言われています。1ドルが110円だとすると、

月に約3300万円〜4400万円!

おったまげー!

 

中でも2014年に、世界最大・世界最高額のものが登場しました。

広場の中心にどどーん!これです!

 

横の長さが街の1ブロック分あり、全体の大きさはなんとフットボール場と同等!(2320平方メートル!)

使用料、1ヶ月でなんと3億円!

これの最初の広告主となったのは、私たちも非常にお世話になっているGoogle。

2014年末まで広告が掲載されました。

月額3億円…さすが世界のGoogle!としか言いようがありません。

 

タイムズスクエアの最新看板情報!

 

ここまで掲載してきた写真はすべて2017年3月に撮影したものです。

けれど、さすがは世界の中心地。

流行のみならず、広告の移り変わりもとても目まぐるしいよう。

 

というのも2017年8月8日、新たに看板と広告が披露されました。

広告主はこれまた世界のコカ・コーラ。

驚くべきは、これまでとは違う、まったく新しいタイプの看板だということなんです!

 

登場した看板は、高さ約20メートル、幅約13メートルという大きさのもの。

注目してほしいのはこの巨大さではなく、1,760個ものキューブ型LEDディスプレイです。

LEDディスプレイの1つ1つが、表示されるコンテンツに合わせて前後に波打つように動くという斬新なアイデアで作られています。

そのアイデアは早くもギネス記録にも認定され、「世界初&世界最大の3Dロボティクス看板」と呼ばれるようになりました。

 

…と説明してもピンとこないですよね。

動画がアップされていたのでこちらをご覧ください。

 

 

なるほどこういうことか!すごい!!

こんなおもしろい看板見たことない!

まさに世界最先端の3D看板です。

次回タイムズスクエアを訪れたときは、このおもしろさを自分の目で確かめてみたいと思います。

 

安いか高いかはあなた次第

 

気になる看板の料金は驚愕のお値段でした。

しかし世界中から観光客が集まる場所でのこの金額を、高いと捉えるか安いと捉えるかはあなた次第です。

 

どんどん進化していく人間の技術と、世界の中心・タイムズスクエア。

ニューヨークオタクとしては、日本にいるときでも最新の情報を常に追いかけたいものです。

新たなおもしろい情報が入り次第、またお知らせ致します。

 

以上、ニューヨークオタクの安田ケリーがお伝えしました!

 

ニューヨークへ行こう!
航空券、ホテルのご予約はこちら♪
H.I.S. ニューヨーク旅行