トップオブザロック展望台からニューヨークを一望!チケットの種類は?

 

こんにちは、将来はニューヨークに住みたいと思っている安田ケリー(@kry_ysd)です。

ニューヨーク・マンハッタンの中心部に、マンハッタン島の景色が一望できる二つの展望台があります。

エンパイア・ステート・ビルディングトップ・オブ・ザ・ロック。どちらもガイドブックには必ず載っている観光スポットです。

今回は、トップ・オブ・ザ・ロックからの素晴らしい景色をご紹介します。

 

合わせて読みたい:

【ニューヨーク】エンパイアステートビルディングで夜景を堪能しよう!

 

トップ・オブ・ザ・ロック豆知識

ミッドタウンのド真ん中、48丁目から51丁目・5番街と6番街の間に19ものビルが並びます。

中でも一番背の高い「GEビル」にある展望台がトップ・オブ・ザ・ロックです。最上階である70階はなんと地上から259m。開放的な造りになっていて、マンハッタンの景色を360度ぐるりと見渡すことができます。

ビル群の中にはオフィスビルやレストラン、ショップが入り、これらの総称が「ロックフェラー・センター」

施設内にあるアイススケートリンクの「The Rink」巨大クリスマスツリーは、世界的にも有名です。

(冬にアイススケートが楽しめる「The Rink」)

 

このロックフェラー・センター、実は我らが日本とも少し関わりがあるんです。

1989年、あの三菱地所がロックフェラー・センターを約2,200億円で買収。これは象徴的なバブル景気期の成金の海外資産買いあさりで、アメリカ国民の大きな反感を買いました。

のちにバブルが崩壊し、買い取った14棟のうち12棟を売却。現在、三菱地所が所有しているビルは2つのみとなっています。

 

展望台への行き方

展望台への入口は50丁目側の地下1階にあります。GEビルの正面から入った場合はエスカレーターで地下1階に降り、係員にチケットカウンターの場所を聞きましょう。

チケットを購入すると入場可能な時間が記載されているので、その時間内に入場します。

エンパイア・ステート・ビルディングと同様、空港と同じようなセキュリティチェックを受けます。

そのあと道順に沿って進むと記念写真の撮影がありますが、買う気がなければスルーでOK。

次のロックフェラー・センターの歴史を映像で流しているスクリーンもスルー可能。混雑しているときはおとなしく並びましょう。

そこを抜けるといよいよエレベーターに乗り、67階まで一気にのぼります。

67階から69階はエスカレーター、69階から70階は階段です。

  1. エスカレーターで地下1階へ
  2. カウンターでチケットを購入
  3. 2階に上がりセキュリティチェック
  4. エレベーターで67階へ
  5. エスカレーターで69階へ
  6. 階段で70階へ

営業時間は8:00〜24:00ですが、エレベーターの最終は23:00なので注意が必要です。

チケットの種類

全種類のチケットで67階、69階、70階のどの展望台にも入場することができます。

基本的には、一般入場チケットと並ばずに入場できるVIPアクセスチケットの2種類を販売。

これにプラスの料金を払うとアップグレードが可能です。

おすすめなのが、展望台に1日2回入場することができるサン&スターズ。一般入場料金に15ドル上乗せすると、24時間以内に2回入場することができるようになります。昼間と夜とで雰囲気がガラリと変わるマンハッタンの景色を、1日でいっぺんに楽しむことができますよ。

また、ロックフェラー・センターの歴史や解説を聞くツアーもあり、こちらは+25ドルです。(ツアーは英語のみ。)

 

チケット料金

一般入場

大人34ドル、子供(6〜12歳)28ドル、シニア(62歳以上)32ドル

VIPアクセス

65ドル(一律)

 

アップグレード

サン&スターズ

チケット1枚につき+15ドル

ロックフェラー・センター・ツアー

ツアーチケット 25ドル(一律)

チケットの料金は変動することがあるのでご注意を。こちらの公式サイトから確認することができます。

 

また、ニューヨーク観光者向けのお得なチケット「ニューヨーク・シティ・パス(NewYork City PASS)」にも、このトップ・オブ・ザ・ロックが含まれています。

以下の6つの主要観光スポットを回りたい人はお得です!

ニューヨーク・シティ・パス
  • エンパイア・ステート・ビルディング
  • メトロポリタン美術館
  • アメリカ自然史博物館
  • トップ・オブ・ザ・ロック or グッゲンハイム美術館
  • 自由の女神 or サークルラインクルーズ
  • 911メモリアル&ミュージアム or イントレピッド海上航空宇宙博物館

ニューヨーク・シティ・パスはこちらの公式サイトから購入できます。

 

展望台からの景色

67階までの高速エレベーターの中では、天井にアメリカの歴史の映像が映し出されます。

ワクワク感が高まったところで、いよいよ展望台に到着です!

 

エレベーターを降りると、目の前にはマンハッタンの景色が広がっていました。

(北側、アップタウン、セントラルパーク方面)

 

(南側、ダウンタウン、タイムズスクエア、エンパイア方面)

 

(西側、ハドソンリバー方面)

 

(東側、イーストリバー、ブルックリン方面)

 

67階と69階では、屋内と屋外の両方でマンハッタンの景色を楽しめます。

屋外はガラス張りになっていますが、一枚のガラスで囲われているわけではありません。何枚かのガラスが等間隔に並んでいるので、その隙間からビュービューと入ってくる風により、かなりのスリルと開放感が味わえます。

ソファがある屋内からでも景色が楽しめるので、寒くなったら中に入りましょう。

 

階段で行ける70階は、ガラスすらない超開放的なエリアです。何にも邪魔されず、360度の大パノラマを堪能できます。

ただし、風の強い日は解放されていないことがあるのでご注意を。

 

楽しい従業員の人たち

エンパイア・ステート・ビルディングもそうだったんですが、ここの従業員にもおもしろい方がいます!

「Japanese?」と聞かれたのでイエス!と元気良く答えると、なんとまさかの「押忍!」という返答が返ってきました。

日本人だとわかると「コンニチハ!」と声をかけてくれる人はいますが、押忍!と言われたのは初めてです。アメリカ人、おもしろすぎる!

安田ケリー

次にNYを訪れたときは、おもしろい人みんなと写真を撮ってきます!

 

エンパイアが見たいならぜひトップ・オブ・ザ・ロックへ

ニューヨークの景色には、やはりシンボルであるエンパイア・ステート・ビルディングが欠かせません。トップ・オブ・ザ・ロックでは、ほぼ向かい合わせな上に、ほどよい距離でエンパイアを眺めることができます。

そして、トップ・オブ・ザ・ロックでエンパイアと同じ目線に立ってみてください。マンハッタンへの愛が深まること間違いなしですよ。

写真撮影も良いですが、その素晴らしい景色をぜひ自分の目に焼き付けてくださいね。

 

ニューヨークへ行こう!
航空券、ホテルのご予約はこちら♪
H.I.S. ニューヨーク旅行

 

観光情報

トップ・オブ・ザ・ロック(Top of the Rock Observation Deck)

住所:30 Rockefeller Plaza New York, NY 10112

電話番号:+1(212)698-2000

営業時間:8:00〜24:00(最終エレベーターは23:00)

定休日:無し

アクセス:B・D・F・M線「47-50St. Rockefeller Center」より徒歩1分

公式サイト:https://www.topoftherocknyc.com