ユナイテッド航空でニューヨークへ!機内食は?エコノミーを評価

 

こんにちは、安田ケリー(@kry_ysd)です。

日本からニューヨークへ行くには、往路が13時間、復路が14時間。決して短いとは言えない時間がかかります。

そんなに長時間過ごす飛行機、どの航空会社を選べばいいの?

NY初心者

そんな疑問の参考になればと思い、ユナイテッド航空の乗り心地やサービスをご紹介します!

 

ユナイテッド航空とは

アメリカのシカゴに本拠を置き、現在69ヶ国の108空港へ国際線を乗り入れている大規模な航空会社です。

日本発着路線はグアム、ホノルル、サンフランシスコ、シカゴ、デンバー、ロサンゼルス、ヒューストン、ニューアーク、ワシントンDC、ソウル、シンガポールなど。

今回の目的地であるニューヨークへは、成田空港(NRT)からニューアーク・リバティ国際空港(EWR)までの直行便が出ています。

 

シカゴ行きと成田行きの二本立てでお送りします

ニューヨークへの直行便と書きましたが、私の場合は出発直前の機体トラブルにより欠航、翌日代替の乗継便に搭乗することになりました。

【パニック】国際線が欠航し、しかも代替が乗継便でした。

 

  • 行き:成田空港からシカゴ・オヘア空港までの便
  • 帰り:ニューアーク空港から成田空港までの便

の二本立てでお送りします。

両方とも座席クラスはエコノミーです。

 

成田空港からオヘア空港

成田国際空港(NRT)からシカゴにあるオヘア国際空港(ORD)までは、約12時間の空の旅。

座席

夕方の便だったので、窓から夕焼けが少し見えました。

 

座席にはモニターが付いていて、映画や音楽などのエンターテイメントも楽しめます。

このときまだ映画館で上映されていた「君の名は。」が入っていたので迷わず鑑賞!得した気分になりました。

座席と座席の間隔は足がぐーっと伸ばせるくらいでわりと良い感じ。

 

機内食

離陸してすぐに、ドリンクとスナックが出てきます。

このナフキン、絵柄が何種類かあって、どれも使うのがもったいないくらい可愛い!

 

同じタイミングで税関申告書とイヤホンも配布されます。

税関申告書の書き方がわからなくてキョロキョロしていると、アメリカ人と思われる男性客の方が「May I help you?」って声をかけてくれました。ここで初めて外国人の優しさを味わいます。

イヤホンを挿す場所もわからなかったんですが、外国人の添乗員さんに聞いたら優しく教えてくれました。(肘置きの先端部分にあります。)

 

そうこうしているとお次はディナーが運ばれてきます。

「チキンorパスタ」で、チキンをチョイス。ドリンクも新たにもらえますよ。

左から白いご飯、味噌のような味のソースがかかったチキン、コーンや枝豆のサラダ、パン。

 

食後にはミネラルウォーターとデザートのバニラアイス。ドリンクももらえるのでこのオレンジジュースは3杯目ですw

 

食べ終わって仮眠を取る体勢に。

小一時間くらいうとうとしていると物音がしたので起きてみると、

今度は軽食が配られてきました。スナック菓子とチーズバーガーです。

 

…お気づきでしょうか?

国際線初めてケリー

もしかして、機内食の量がハンパない…?

 

寝ぼけ眼でこれらをカバンにしまい、再び仮眠をとります。

到着2時間前くらいに目を覚ますと、

“到着前の軽食”なるものが配布されました。

「親子丼orオムレツ」で、軽い方を予測してオムレツをチョイス。

…したものの、決して軽くはありません。むしろこんなに重いオムレツは初めて食べました。クッキーとドリンクも付いてきます。

 

成田国際空港からオヘア国際空港までの機内食まとめ

  1. スターター(スナック、ドリンク)
  2. ディナー(メイン、デザート、ドリンク)
  3. 軽食(ハンバーガー、スナック、ドリンク)
  4. 軽食(メイン、スナック、ドリンク)

総合的に、なんと約12時間のフライトで3回も食事が出てきました!

安田ケリー

おったまげ!!!

 

回数も回数ですが、それよりも一回の量が完全に日本人向きではありませんでした。私は初めての国際線ということで欲張りましたが、お腹が空いていない場合は断っても大丈夫です。

肝心の味も、全体的に濃くて日本人向きではなかったように思います。

 

シカゴ空港からラガーディア空港(国内線)

また、シカゴのオヘア国際空港(ORD)からニューヨークのラガーディア国際空港(LGA)まで国内線を利用しました。

約2時間の短いフライトなので座席は国際線よりも間隔が狭く、モニターもありません。

サービスもイヤホンとスナックとミネラルウォーターのみ。

国際線より機体が小さいため、揺れが少し気になります。

 

ニューアーク・リバティ空港から成田空港

続いて復路。ニューヨークにあるニューアーク・リバティ国際空港(EWR)から成田国際空港(NRT)までは約14時間

座席はシカゴ行きと同様、モニターが付いていてエンターテイメントが楽しめます。こちらもまだ映画館で上映中の作品が多々あって、3本ほど立て続けに見てしまいました。

 

機内食

往路の件で完全にビビっていた機内食ですが、復路は日本人向きの量でした!

 

離陸して間もなく、スターターのスナックとドリンク。

少ししてディナーが配られます。「ヌードルorチキン」で、座席が後方だったのでチキンが足りず、有無を言わさずヌードルに。

左から、野菜がたっぷり入ったヌードル、サラダ、パン。ドリンクももらえます。

ヌードルとは焼きそばや焼きうどんのようなもので、味がめっちゃ濃い。

サラダは主材料が何かの実や豆のようなもので作られていて、今まで食べたことのない不思議な味がしました。

 

デザートはマンゴーソルベ。

これがしばらくの間スプーンが刺さらないくらいカチンコチンだったんですが、ゴミの回収に来るのがありえないくらい早いんです。それでも周りの人たち(主に外国人)は即座に食べていて、アメリカに住んだらアイスの早食いスキルが身に付くのかななんて思ったり思わなかったり…。

 

この数時間後にまたもやスナックが配布。M&M’sのチョコとパンでした。

 

最後の軽食は「エッグorパンケーキ」、フルーツ付き。こちらはエッグで、オムレツにソーセージが付いています。

往路のオムレツと比べて軽め。フルーツもちょうど良い量です。

 

ニューアーク・リバティ国際空港から成田国際空港までの機内食まとめ

  1. スターター(スナック、ドリンク)
  2. ディナー(メイン、デザート、ドリンク)
  3. 軽食(スナック、パン、ドリンク)
  4. 軽食(メイン、フルーツ、ドリンク)

回数は同じですが、往路よりも量が明らかに少なかった。

乗客も日本人が多かったので、やはり日本人に合わせた量にしているようです。

 

ユナイテッド航空の総合評価

行きも帰りも日本人の添乗員さんがいるので、困ったときも心配ありません。外国人の添乗員さんも日本人に慣れているようで、つたない英語でも即座に聴き取ってくれます。

帰りの便では、搭乗している日本人の多くがマスクをつけているのを見た外国人添乗員さんが「みんなマスクつけてるわね!」とおどけて言う場面があり、みんなで笑って和やかな空気になりました。

 

総合評価:★★★★☆

  • 添乗員:行きも帰りも日本人が同乗、質問には快く答えてくれる
  • 座席のシート:硬すぎず、広さもちょうど良い
  • エンターテイメント:充実
  • 機内食:行きは量が多い・帰りはちょうど、味付けは全体的に濃い

 

以上、ユナイテッド航空・エコノミー席の評価でした。

用意していたので困らなかったのですが、欲を言えばスリッパやボールペンなどのちょっとしたアメニティがもらえたら便利だなと思いました。

機内食の量はさておき、味は少なくとも日本人向きではありません。期待して乗るとちょっと残念かも。

ニューヨークに行く際は、ぜひ参考にしてみてください。

 

ニューヨークへ行こう!
航空券、ホテルのご予約はこちら♪
H.I.S. ニューヨーク旅行