【緊急】エアカナダのフライトキャンセルへの対応まとめ

 

こんにちは、カナダでワーホリ中の安田ケリー(@kry_ysd)です。

Google検索でこの記事をたどり着いた方は、エアカナダのフライトキャンセル(欠航)に遭って困っているのだと察します。

まずは落ち着いてください。

特に海外の空港だと不安もひとしおだと思いますが、英語が話せなくてもこの記事を読めばなんとかなります。

 

1.エアカナダからのメールを確認しよう

私の場合、シカゴのオヘア空港でエアカナダのフライトキャンセルに遭いました。

フライトに間に合うように到着したものの、搭乗開始の約2時間ほど前に、まずは遅延のメールが来ます。

 

【メールその①】

 

エアカナダ「すまん遅れるわ」

 

16時25分に出発する予定を、17時55分に変更したとのこと。

このときは「はいはい遅延ね」としか思わず、のんきにマクドナルドのハンバーガーを買って食べようとしていたところ、新たなメールを受信しました。

 

【メールその②】

エアカナダ「すまん欠航するわ!」

 

ハンバーガーのピクルスは食べれる派安田

えええええええちょっっちょっと待ってぇ!!!

 

驚きのあまり、出そうとしていたハンバーガーを一旦戻してエアカナダのサービスカウンターに向かいます。

その途中で受信した3つ目のメールがこちら。

 

【メールその③】

エアカナダ「明日の6時15分に変更しといたで☆」

 

一番好きなのはえびフィレオ安田

なんで明日!?!?!?

 

変更してくれるのはありがたいですが、今日のフライトなのだからせめて今日中のフライトにしてほしいものです。

私のようになんとしてでもその日中に帰りたい人は、サービスカウンターに並びましょう。

 

2.サービスカウンターに並ぶ

同じ便に乗る予定だった人たちがすでに長蛇の列を成していましたが、これに並ばなければ何もできません。大人しく並びます。

カウンターの係員の人も対処に追われていて、列は予想以上に進むのが遅いです。私はこのとき1時間ほど待ちました。

 

列に並んでいる人たちが何やら英語で話していて不安が煽られますが、結局は係員の人の言うことが正しいです。

並んでいる間は、お気に入りの音楽を聴くかYouTubeを観ながら心を落ち着かせましょう。

ちなみに私がFREEDOMSとして活動しているYouTubeチャンネルはこちら。あなたの番が来るまでまだ時間があると思うので、この記事を読み終わったついでに観てみてくださいね。

 

3.空席待ちに登録してもらう

自分の番が来たらチケットを出し、カウンターの人に次の便で帰りたい旨を伝えます。

英語に自信の無い方はこのように伝えましょう。

「I want to get on the next flight.(次の便に乗りたいです)」

 

するとパソコンをカタカタやってくれたあとに、チケットに手書きで次のフライトの便名のみを書かれます。

はっきりとした座席を書いてくれないのは、空席待ちの状態だからです。この時点ではまだ次の便の席は確保できていません。

 

このとき英語で何か色々言われると思いますが、たいていこのようなことを言っています。

 

次の便であなたの席が確保できたら名前を呼ぶから、この付近で待機していてね

エアカナダ係員

 

あとは言われた通りに待機です。

もしトイレに行きたいなら今すぐ行って帰ってきてください。

 

4.名前が呼ばれるのを待つ

次の便の搭乗が開始すると、はじめに元々その便に乗る予定の人たちが搭乗します。

空席待ちの状態のあなたが焦って搭乗しようとしても、「You don’t have seat.(あなたの席は無いよ)」と言われてしまいます。私は訳が分からずこれを2回やりました。落ち着いて過去の自分w

 

その人たちが搭乗したあと、先ほどのサービスカウンターで順番に名前が呼ばれます。

名前を呼ばれたら、すぐにサービスカウンターに行ってチケットを見せましょう。

何度か呼んでもその人が現れなかった場合、座席の権利は別の人に移ってしまいます。実際、名前を呼ばれて数十分後に現れた人がいましたが、その人はもちろんその便には搭乗できませんでした。

 

もしここで名前を呼ばれて席が割り当てられたら、あとは搭乗するだけです。お気をつけてお帰りください。

 

5.呼ばれなかったら再度サービスカウンターへ

さて、名前が呼ばれなかったあなたは残念ながら抽選漏れです。(2.でサービスカウンターに並んでいたとき、列の後ろの方にいた人が搭乗できていたので、座席の権利は早い者勝ちではなく抽選だと思われます)

再度サービスカウンターに行き、同じように次の便に乗りたい旨を伝えましょう。(3と同じ英文で大丈夫です)

 

6.座席ゲット

抽選ではなく確実に座席が確保できる場合のみ、座席番号の書かれたチケットが発行されます。

それがゲットできたら一安心。あとはゲートの近くで待機し、搭乗開始の案内を待つのみです。お疲れ様でした。

 

私の場合、2回目で座席を確保できました。シカゴ発トロント行きという短距離フライトかつ、その日の最終便だったので空席が多くあったようです。

このように、短距離フライトほど1日の便の本数が多く、余っている席が多いと思われます。

 

以前、成田からニューヨークへの直行便のフライトキャンセルに遭ったときは、1日に1本しか出ていない便だったので、やむなく翌日のフライトになりました。

そうなった場合は、その日宿泊できるホテルやご飯を用意してもらえることがあります。「○○航空 フライトキャンセル」「○○航空 欠航」などで検索してみてください。

ユナイテッド航空の成田発の場合のみ、こちらの記事に書いています。

【パニック】国際線が欠航し、しかも代替が乗継便でした。

 

まとめ

以上、エアカナダの急なフライトキャンセルに遭ったときの対処法についてお伝えしました。

  1. メールを確認する
  2. サービスカウンターに並ぶ
  3. 空席待ちに登録してもらう
  4. 名前が呼ばれるのを待つ
  5. 呼ばれなかったら2に戻る

 

同じようなフライトキャンセルに遭われた方の記事はこちら。

エアカナダ欠航から旅行スタート。飛行機欠航時の手続きの流れ(我的雑記。様)

カナダでAir Canadaのフライトの欠航に巻き込まれた時の対処法(NY serendipity様)

 

私はこのときトロントで4ヶ月間英語を学んだ後でしたが、ネイティブな上にトラブル対処で忙しい係員さんの早口な英語がうまく聞き取れず、しかも一人旅だったのでとても心細い思いをしました。

不安の中、二度目のサービスカウンターに挑み、座席番号の書かれたチケットを発行してもらえたときは思わず安堵。

係員の人も周りが落ち着いてきたからか、はたまた不安顔の私を安心させてくれるためか(後者なら嬉しい)、チケットに印字された私の名前を呼んで微笑んでくれました。(このときの安心感と言ったら!)

 

トラブルは必ずブロガーにとってメシウマ人を成長させます。

このフライトキャンセルを乗り越えると、今後同じようなことがあっても落ち着いて行動できるようになるでしょう。

だからまずは落ち着いてください。

ちなみに私はこのとき、「最悪お金にモノ言わせて新しいチケット買えば帰れるわい」と自分を落ち着かせていました。お金は偉大です。

 

今まさにエアカナダのフライトキャンセルに遭って混乱しているあなたに、この記事が役に立てば幸いです。

 

ブログ魂安田

You can!