朝食の女王!ニューヨークで本場のエッグベネディクトを

 

こんにちは、ニューヨークが大好きな安田ケリー(@kry_ysd)です。

ニューヨークの朝食といえば、エッグベネディクト!

中でも人々から「ニューヨークの朝食の女王」と称賛される、サラベスのエッグベネディクトをご紹介します。

 

サラベス物語

そこは1981年、マンハッタンのセレブの街・アッパーウエストサイド

ニューヨーク出身のサラベス・レヴィーンにより「Sarabeth’s(サラベス)」の第1号店がオープンされました。

パンやジャムを売る小さなベーカリーとして始動しましたが、のちにフレンチトーストやパンケーキ、ワッフル、そして今回ご紹介するエッグベネディクトを出したところ、そのリッチな味わいにニューヨークの人々はたちまち虜に。

レストラン格付けガイドブック、ザガット・サーベイでは「ニューヨークNo.1デザートレストラン」、「ニューヨークでブランチを食べたいレストラン」に選出。

「New York Magazine」では”ニューヨークの朝食の女王”と称賛されました。

現在ではマンハッタン内に7店舗あり、日本にも5店舗、出店しています。

 

人気の朝食・昼食メニュー

私が訪れたのは、ゴシップガールの舞台・アッパーイーストサイドにある「Sarabeth’s East(サラベス・イースト)」。ドラマ内でブレアがニューヨークを出ていこうとするセリーナに「サラベスがなくても平気なの?」と問いかけるシーンがあるほど、サラベスはまさにニューヨークの朝食の代表なんです。

 

メニューには「朝食」「昼食」とありますが、午後もオーダー可能。

エッグベネディクトとは、イングリッシュマフィンにハムやベーコンまたはサーモン、そしてポーチドエッグを乗せ、オランデーソースをかけて作る料理です。

メニュー写真右上の「EGGS BENEDICT」をご覧ください。

サラベスで味わえるエッグベネディクトは以下の3種類。

  • クラッシック・エッグベネディクト(分厚いカナディアンベーコン入り):19ドル
  • サーモン・エッグベネディクト(スモークサーモン入り):20ドル
  • クラブケーキ・エッグベネディクト(カニのハンバーグ入り):24ドル

 

他にはハムやジャガイモ、チーズが入った「ファーマーズオムレツ」、野菜と卵が入った「ベルベティトマトクリームソース」、メープルシロップとベリーが付く「レモンアンドリコッタパンケーキ」などが人気です。

 

「朝食の女王」エッグベネディクト

さて、いよいよ目当のエッグベネディクトを注文!ちなみに無類のサーモン好きなので、サーモンエッグネディクト一択でした。

見てくださいこのボリューム!

禁断の断面図も!

サラベスは自家製の分厚いイングリッシュマフィンを使っているので、特に立体的です。

イングリッシュマフィンはサクサクサーモンは2枚重ねポーチドエッグはぷるんぷるんソースは濃厚で、非の打ち所がまったくありません!最高!

お値段が20ドルとちょいとお高めな気もしますが、この味とボリュームなら納得。次に訪れたときも絶対また食べたい、忘れられない味となりました。

 

訪れたのは午後1時過ぎでしたが、並ぶことなく席に案内してもらえました。

とはいえ、ちょうどお昼どきだったので店内は満席。観光客よりは地元客だと思われる人の割合が高かったように思います。

ゆったりしたい人は、朝でも昼でも少し遅めに行くと良いですよ。

 

ニューヨークを訪れた際はぜひ、日本では味わえない雰囲気とともに、本格的なエッグベネディクトを味わってみてください!

ニューヨークへ行こう!
航空券、ホテルのご予約はこちら♪
H.I.S. ニューヨーク旅行

 

Sarabeth’s East(サラベス・イースト)

住所:1295 Madison Avenue, New York, NY 10128

営業時間:(月〜土)8:00〜22:30、(日)8:00〜22:00

公式サイト:http://www.sarabeth.com(他の店舗情報はこちらからご覧ください)