台北のランドマークタワー!ギネス記録を持っている台北101にのぼってみた

SHARE

台北のランドマークタワー!ギネス記録を持っている台北101にのぼってみた

 

こんにちは、安田ケリーです。

今日もおやつにパイナップルケーキを食べました。

まだしばらく台湾食品生活が続きそうです…。

 

 

 

さて、みなさんは高い場所って好きですか?

 

人類は空を飛びたい願望があったと言われているくらいだから、きっとみんな好きなはず。

それに、普段自分が生活している世界を見下ろすことって滅多に無いし、高い所にのぼると特別な気分になりますよね。

 

私も例に漏れず、高い場所が大好きです。

知らない土地へ行くと、必ず高い場所にのぼるというのが私の旅のこだわりの一つ。

 

 

もちろん台湾旅でも、あの有名な高い場所から景色を堪能してきました。

今回はその場所をご紹介します。

 

世界有数の高層ビル!台北101

 

f:id:yzworld:20170809215930j:plain

 

その名の通り101階建ての台北101は、2005年にオープンされた世界有数の高層ビル。

2007年にドバイのブルジュ・ハリファというビルに抜かされるまでは、世界で一番高いビルとしてギネスにも認定されていました。

 

 

当時の世界一は高さだけではありません。

それは「世界最速のエレベーター」

チケット売り場のある5階から展望台の89階まで分速1010m、時間にすると37秒という速さでのぼります。

 

 

展望台の内部で、この台北101のミニチュアを見つけました。

全体の造りはこんな感じになっています。独特な形をしていますね。

 

f:id:yzworld:20170809224343j:plain

 

89階の展望台から台北市内を一望!

 

エレベーターを降りるとすぐに視界に飛び込んでくるのは、一面ガラス張りの向こうに見える台北の景色!

 

f:id:yzworld:20170809223100j:plain

f:id:yzworld:20170809223317j:plain

 

曇っていたので写真ではとっても分かりにくいですが、実際だと結構遠くの方まで見えます。

 

 

旅先で高い場所にのぼると、自分の目で興味が湧く場所を探すことができます。

例えば私が気になったのはこれ。

 

f:id:yzworld:20170809223502j:plain

 

 

好奇心ケリー

この金色の建物って何だろう?

 

周辺の建物の中でもひときわ目立っているし、台湾っぽい造りだからきっと観光名所に違いない!

 

ということで調べてみると、やはり國父紀念館という、孫文の像で有名な観光名所だということがわかりました。

残念ながら今回は日程に組み込むことはできませんでしたが、時間に余裕があれば、こうして現地の展望台から気になる建物を見つけ、実際に行ってみることができます。

 

 

91階の屋外にあるスカイデッキも楽しめる

 

台北101には89階の展望台だけではなく、91階のスカイデッキもあります。

しかし屋外のため、天候が良くて風がない日にしか開放されないそうです。

 

私が訪れた日は見ての通り曇り。

風も少しあったのか、残念ながら開放されていませんでした。

 

 

展望台自体の営業時間は9時から22時。(最終入場は21時15分)

夜に来て、台北の夜景を一望するのもいいですね。

 

 

景色・グルメ・ショッピングがいっぺんに堪能できる台北101

 

他にも、台北101ショッピングモールでコスメやブランド品、ギフトショップでおみやげを買うこともできます。

地下には鼎泰豊を始めとするおいしいご飯屋さんが多数あるので、台湾グルメを堪能することだってできちゃいますよ。

 

 

あらゆることがいっぺんに楽しめる台北101。

台湾を訪れた際は、ぜひ時間に余裕を持って訪れてみてくださいね。