身近な友人にブログを公開することには、実はメリットしかない

 

旅するファンキーブロガー、安田ケリー(@_YzWorld)です。

ブログを運営している皆さんは、身近な人にブログやSNSを公開していますか?

数日前、あんちゃさん(@annin_book)のこのつぶやきを見ました。

 

「リア友にブログ見られるの恥ずかしくてFacebookにブログを載せられない」

これについて感じることがあったので残しておきます。

 

「リア友にブログ見られるのが恥ずかしい」問題

ブログを始めて一番最初に直面し、そのあともなかなか解決しない(らしい)アレです。

小説や物語でもそうですが、自分の頭の中で作った文章を顔見知りの人に公開するって、なんだかちょっと恥ずかしいですよね。

ましてやFacebookなんか、幼稚園や保育園で一緒だったような現在もはや疎遠な友達と繋がっているようなSNS。

私もFacebookとブログを連携することで、

「あの子ブログなんかやってるらしいよーw」

「学歴アレでブロガーかよwww」

「変わってるとは思ってたけどwブロガーw」

とかなんとか言われているのが容易に想像できます。www←まさにこんなん。

 

私の場合は「むしろ頼むから見てくれ」

しかし私の場合、この問題について悩む時間はほとんどありませんでした。

ブログを開設後、間もなく身近な友達やリアルな知り合いにも公開。

ツイッターに至っては、ブログを始める前から使っていたDJアカウントをブロガーアカウントとしてそのまま使用しています。

 

「リア友に公開するのは誇れるような成果が出てから…」という気持ちも、なかったわけではありません。

でもそれよりも「私はこんな文章が書けるんだぜ!」というのを周りに知ってもらいたいという気持ちの方が勝り、「むしろ見て!」という思いでブログを公開しました。

 

私が人に見られる用のブログを開設したのは、「文章を書くこと」に対して自信があったからです。

これは小学校5年生のときに挑戦した作文コンクールで入賞したのがきっかけ。(石油の作文コンクール:2004年優秀作品賞、本名・岡村百里香。翌年も入賞)

今思えばほんの小さなことですが、これが現在の活動の原点となっているのは事実です。

「小さなきっかけ」を大切にしてよかったと心から思っています。

 

リア友の反応を天秤にかけた

つまり私は、「ブロガーwww」と「こいつこんな文章書けるんだ…」という2つの反応を天秤にかけたというわけ。

前者はどうでもいいです。意識したいのは後者のような人物。

ブログを公開することによって、今までなんとなくでしか繋がっていなかったような人があなたやあなたの活動に興味を持ってくれるかもしれません。それが仕事に繋がることだってあるかも。

実際に、時間の経過につれ疎遠になりつつあった中高の同級生がブログを見て数年ぶりに連絡をくれました。

独立して起業し、叶えたい夢に向かってひたむきに活動している彼女と過ごす時間はとても有意義です。

彼女もまた、自分の活動を周囲に公言しています。

 

そして「かっこいい」を追求するこのブログだからこそ一番言いたいのが、周りに自分を隠す生き方なんて全然かっこよくない。

あんちゃさんも書いているように、人が本気でやっている活動を否定するような人間とは付き合わなくていいんです。そんなの友達でもなんでもない。

お互いの活動を応援し合うのが、本当の友達です。

 

ブログ公開にはメリットしかない

ということで、ブログを公開することで得られるメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット

  • 今までの人間関係を見直すことができる
  • 応援し合える友達が見つかり、モチベーションに繋がる

デメリット

  • いっこもなし

 

もしも周囲の人にブログを公開するのを迷っている…という人がいたら、ちょっとこれをやってみてください。

  • 周囲の反応を天秤にかけてみよう
  • 好きなことで活動している自分に自信を持とう
  • 自分を隠す生き方はかっこいいか?と考えてみよう

一番重要なのは、「それは紛れもなくあなたの人生」だということ。

自分を信じてやってきた道に、間違いなんてありません。それを忘れないで。