東京って、夢に一番近い場所なのかもしれない。

 

こんにちは、安田ケリー(@kry_ysd)です。

先日、2週連続で東京へ行ってきました。訪れるのはなんと2年ぶり、夢を見つけてからは初めての上京です。

以前までは観光を目的としてしましたが、現在は夢を持つ私として「人に会う」ことを目的に足を伸ばしました。

そのときに感じた、夢を持つ人が定期的に東京を訪れるべき理由をご紹介します。

 

「繋がりを濃く」するため

今回の2週連続上京の最大の目的。それは「SNSで繋がっている人との関係を深めるため」です。

一人一台スマホを持ち、SNSが普及し、世界中のどこにいても誰とでも繋がりが持てる時代。

しかしSNSの繋がりのみでは、実際に会うことで持てる信頼や信用はつくれません。顔を合わせ、言葉を交わすことで作られる「濃い繋がり」を持ちたいと思ったわけです。

 

旅美女会の繋がり

今回初めて、私の所属している旅美女会の集まりに参加してきました。

多数のメンバーが所属する旅美女会。それまでSNSでしかやり取りをしたことがなかったメンバーと初めての対面です。

これ以来、SNSで旅美女会メンバーの発言を見かけると、以前よりもきちんと読むようになりました。

実際にメンバーの顔を見て声を聞いて、「SNS上の人」が「実際に会った人」に変わり、自分の中でその人の印象がより具体的になったからです。

 

TABIPPOさんとの繋がり

5月の旅大学in高松に参加して以来、大好きになったTABIPPOという世界一周団体。

TABIPPOの旅大学in高松「むつごい世界一周」に参加してきた!

この2週連続の上京で、オフィスと旅祭に遊びに行かせていただきました!

旅祭2017!旅人にはたまらない楽しみ方が満載だった!

 

実は、私は旅大学で強烈なインパクトを残したわけでもないし、もう忘れられてるんじゃないかという懸念があった上での訪問でした。

1回よりも2回、2回よりも3回。当たり前ですが、会う回数が多くなるにつれて記憶に残りやすくなりますよね。

たった1回の「普通の旅大学参加者」で終わるより、2回目はオフィス、3回目は旅祭にお邪魔して、私の存在を覚えてもらおうと考えたのです。

 

肝心の結果ですが、やはり1回目よりはもっと印象がついたはず…!

個人的な感想なのですが、訪問したオフィスからは温かい雰囲気を感じ、今後も通いたくなりました。(ファン度が増しました。笑)

 

まとめ

人と人との繋がりが大好きな私は、まずはすでにある繋がりを濃くしていきたいと考えました。

出会ったのには何か理由があるはずだし、今後の自分の人生にその人がどう影響してくるかというのを考えると、とてもワクワクするからです。

冒頭にも書きましたが、「実際に顔を合わせて、言葉を交わしてできる繋がり」に勝る繋がりはありません。人と人との繋がりって本当に大切です。

私の「夢」の場合、それに関係する人々の多くが日本の都市である東京を拠点としています。

 

現段階でまだ地方在住の私は、夢のために定期的に上京すべきだと実感しました。

人が多く集まる東京には、チャンスが多くあるのは明確です。夢を持っている人はもちろん、まだそれがない人も、定期的に東京を訪れると新たな発見があるはずですよ。