旅祭2017!旅人にはたまらない楽しみ方が満載だった!

 

こんにちは、安田ケリー(@kry_ysd)です。

9月3日に旅祭2017に参加してきました!

 

旅祭って?

旅祭とは、かの有名な作家の高橋歩さんが代表を務める株式会社A-Worksと、旅を広めるために活動する世界一周団体TABIPPOの2社が開催している、旅に関するお祭りです。12年目の開催となる今年は、海浜幕張で行われました。

ちなみに私は今回初めての参加で、出発前からソワソワ。

公式HPの過去の写真やSNSを見てからというものの、この日が待ち遠しくてたまりませんでした!

 

いざ潜入!旅祭2017

ちょうど正午頃。海浜幕張駅から歩くこと約15分、旅祭2017の会場に到着しました。

人生で初めてのフェスにして、初めての旅祭。入口に差し掛かった時点で早くもテンションは最高潮です。

それもそのはず、この旅祭というフェス、色々な角度から楽しむことができるんです。

 

有名アーティストによる音楽フェス

今回の旅祭には、ナオト・インティライミ、Aqua Timez、MOROHAなど、様々な有名音楽アーティストたちが出演。

”フェス”といえば、真っ先に思い浮かぶのが音楽フェスではないでしょうか。

私は今まで音楽フェスにも参加したことがなかったのですが、広々とした青空の下で聴く音楽はとても開放感があり、つい思いっきりはしゃいでしまいました(笑)

会場のどこにいても聞こえてくる有名な曲につられ、人が続々とアーティストの元に集まってきます。これが野外フェスの良いところですよね。

 

旅人たちの貴重な体験談が聴ける!トークフェス

トラベルライターやフリーランサー、社会冒険家や世界一周学校の校長先生など、世界を旅した経験を持つ”旅人”から、体験談を聴くことができます。

TABIPPOが運営する旅大学で講師をされている、世界一周ブロガーの美山佑介さんと旅人講演家の北野勇樹さん、お笑い旅人の水村直跳さん、そしてTABIPPOの小泉翔さんが司会を務めるトークを聞いてきました。

旅の体験談ももちろんですが、4人の自由すぎる絡みがおもしろいのなんのって!

こうして笑いを交えて体験談を聞くと、旅がより身近なものに感じます。たくさん笑った楽しいトークライブでした!

 

キャンピングカーの中を見学!体験フェス

私が最近気になっていること、それはキャンピングカーでのアメリカ横断(縦断)です。

会場内に、キャンピングカーの中を見学させてくれるエリアがありました。

トラベルデポという、アメリカやカナダのレンタル会社と提携しているキャンピングカー専門の旅行会社のブースです。

 

一台で何人生活できるの?トイレはどうするの?お風呂は?

アメリカ横断・縦断って、どんなルートで何日間かかるの?

こんな細かい質問に答えてくれたのは、キャンピングカーでのアメリカ横断・縦断の経験を持つスタッフの方でした。経験者の方の話はネットで調べるよりもおもしろいし、とても興味が湧きます。

車内を見せてもらうと、想像していたよりもはるかに広々。トイレもシャワーも付いているし、冷蔵庫も完備されているんです。

 

旅中に生活する場所を見せてもらうことで、ハードルが高いイメージだったアメリカ横断を身近に感じることができました。

これにより「アメリカ横断(縦断でも可)」、人生でやりたいこと100項目に追加!

 

世界各国の料理がそろう!食フェス

 

会場内に立ち込めるのは世界各国の料理のおいしそうな良いにおい!

たくさんのフードブースの中で、個人的に気になった国の料理をご紹介します。どれもおいしそうで目移り必至!

 

アルゼンチン料理

チョリパン!なんて可愛らしい響き!パンにチョリソーを挟んだサンドイッチで、アルゼンチンのファストフードだそう。

初めて見る単語のメニューに、なんとも興味がわきます。

 

タイ料理

タイ料理からはハッタイ、ガパオライスなど。

腹ペコな私は「米が食べタイ!」と叫びます。ギャグです。

 

台湾料理

ひと月前に初めて旅した台湾のお店もありました。夜市で有名なドラゴンチキンも!

台湾を訪れたのは先月なのに、すでに懐かしさを感じます。

 

ジャマイカ料理

さんざん迷った結果、私たちがランチに選んだのはこれ!本場!ジャマイカ料理!

チキンとカレーのいい匂いと、普段見かけない”ジャマイカ料理”という文字。

そして、ここの陽気な店員さんが決め手となりました。近くのカラオケブースから流れてくる曲に合わせて、ノリノリで踊りながらひたすらチキンを焼いているのです!なんと素敵なジャマイカ人!

 

ジャークチキンなるものと、ココナッツカレーのセットをチョイス。

ちゃんとジャマイカの味がしました!(行ったことないけど)

 

他にもベトナム屋台のサンドイッチ・バインミーや、ハワイといえばこれ!のロコモコ、メキシコのタコス・タコライスなどなど、様々な国の料理が集合していました。

一度にこんなにたくさんの国の料理のブースが並ぶのも、旅祭ならではです。

 

世界各国のお酒だってそろっちゃう!酒フェス

私のためのブースですか!?

と叫びたくなるほど歓喜した、世界各国のお酒が飲めるブース。

馴染みのありすぎる(私の主食と言っても過言ではない)キリン一番搾りやコロナから、聞いたことのない名前のビールまで多種多様です。

 

私はアメリカのバドワイザーを、友人はベルギーのサタンブラックを注文しました。

バドワイザーはスッキリとした味わいでとっても飲みやすかったです。

それに比べて一口もらったサタンブラックは少しクセのある、初めて口にする味。

昼間に飲むビールは格別でした!旅祭最高かよ!

 

みんなで身体を動かそう!ヨガフェス

ご飯を食べてお酒を飲んだあとは、みんなで身体を動かしましょう。

間隔を空け、ステージに立つヨガインストラクターの先生の方を向きます。説明を聞いて、レッツトライ。

遠くから見るとなんだか不思議な光景ですが、こんなに多くのみんなでヨガを楽しめるのも旅祭の魅力です。

 

楽しみ方満載な「旅祭」

音楽が聴けて、旅のトークも聴けて、いろんな体験もできて、おいしいものが食べられて、お酒も飲めて、ヨガもできちゃう。

なんて最高なフェスなんでしょうか旅祭!

他にもたくさんの体験ブースで様々な体験ができたり、太鼓を叩きながら練り歩く陽気な集団に遭遇したり、たくさんの『非日常』を味わえます。誰もが「思いっきり自由に楽しめる」、それが旅祭です。

初めての旅祭、しっかりばっちり、文字通り隅から隅まで楽しむことができました。

旅や海外が好きなあなたも、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

旅祭の最新情報は主催のTABIPPOさんのページより受け取ることができます。

http://tabippo.net

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。