新世界「透明標本」展@高知県立美術館で見た骨格美

 

こんにちは、実は美術部に所属していたことがある安田ケリー(@kry_ysd)です。

新世界「透明標本」展に行ってきました!

 

新世界「透明標本」展って?

今回訪れたのは、高知県立美術館で公開中の新世界『透明標本』展

テレビを見ていたとき、たまたまこの展覧会のCMを目にしました。

真っ白の背景に映える青と紫の標本。なんとも涼しげな色と、なんとも興味を惹かれる「透明」「標本」という言葉。

このときちょうど、あるジャンルがきっかけで「ウォーターカラー」なるものに興味がフツフツと湧いていたときでした。

私の夏の予定に「透明標本展を見に行く」という項目が追加された瞬間です。

 

「透明骨格標本」とは

透明骨格標本は生物の骨格を観察するため様々な染色法を用いて作成される標本。一般に硬骨をアリザリンレッドで染色、軟骨をアルシアンブルーで染色、または二重染色をほどこしたのち軟組織を透明化したものである。透明な肉質の中に鮮やかに染色された骨格が、生時の立体配置で観察できる。

透明骨格標本 – Wikipedia

骨格の研究法の一種で、その綺麗な見た目から生み出されたのがこのアート作品。

展覧会の冒頭で「透明標本とは」という解説がされており、透明標本を作る過程がわかりやすく公開されています。

この研究法のことを知らずに展覧会を訪れても楽しめますよ。

 

展覧会では全作品が撮影可能!

4つのフロアに区切られているギャラリー。

1つ目は標本が解説付きで展示されていて、透明標本についての学びのフロアです。

2つ目のフロアからは暗幕に仕切られていて、空間全体を楽しむことができます。

写真を撮るのも良いですが、自分の目で見ることも忘れないでくださいね。

 

腕はともかく、写真が大好きな私は「撮影可能」の文字に胸が高鳴ります。

期待通りの綺麗さ、透明度、そして”ウォーターカラー感”!

先ほどの解説にもあった通り、軟骨の部分は青、硬骨の部分は赤紫で染色されています。

時間や薬品の量を間違えると「過染色」となるので、細心の注意が必要なんだとか。

 

並べられている標本は、当たり前ですが見る角度によって見える部分が変わります。

平置きされている作品は特に、上からと側面からで見える骨格が違うんです。

いろんな角度から見てみてくださいね。

 

グッズも販売しています!

作品を見たあとは、グッズ販売のコーナーへ。

ここで驚き!さっきまで見ていた、小さな生物たちの標本が売られていました!

小さなボトルに入って綺麗に並べられているそれらを見ていると、ついつい欲しくなってしまいます。

ノートや缶バッジ、クリアファイル、アクリルキーホルダーのガチャガチャなんかもありました。

ポストカードを購入し、しっかりガチャガチャをやる私は24歳です。

 

実物を実際に見てほしい美しさ

見てきたばかりなこともあり、感情がすごぶる高まっているので写真をもっと載せたいのですが!

ぜひ、写真ではなく実際に見てみてほしいです。

 

魚類捕食をしているアンコウの標本では、胃の中の魚までが綺麗に染色されており、自然界の食物連鎖を目の当たりにします。

ニホンアマガエルの成長段階の標本では、小さな関節一つ一つが見事に染色されている様子が伺えます。

このように、標本ひとつひとつを細かく見ていくと興味深い部分がたくさん。

また、2つ目のフロアからは空間全体で見るのもとてもおもしろいですよ。

 

まさに今、”新世界”として注目を集めている透明標本の世界。

自分の目で見て、体感してみてくださいね。