海外旅行初心者が台湾でやりたいこと・食べたいもの!

 

こんにちは、安田ケリー(@kry_ysd)です。

いよいよ数日後に迫った初の一人海外旅 in 台湾!

初めての海外一人旅で台湾へ!旅美女会の仲間に感激した話

 

今回台湾へ行く一番の目的は、九份でノスタルジックな写真を撮ること。

しかしそれだけではない!

下調べをすればするほど出てくる台湾の魅力。

その台湾の魅力とともに、今回の旅でやりたいことをリストアップします!

 

台湾はB級グルメの宝庫

「台湾」と聞くと、何が一番最初に思い浮かびますか?

私が一番に思い浮かぶのはやはり小籠包!今回の旅では絶対に外せない一品です。

他にも夏の今、ちょうど旬なのがマンゴー。かき氷にして食べるのが台湾流!

夜市でB級グルメをお腹いっぱい味わえるのも、台湾ならではの魅力です。

 

台湾で食べてみたいもの

世界に知られる名物料理だったり、ちょっと変わった地元料理など、グルメ大国である台湾。

まずは食べてみたいと思ったものを、一気にリストアップします!

 

鼎泰豐の小籠包

 

台湾といえば小籠包!

中でも鼎泰豐というお店の小籠包に目をつけました。

日本にも進出しているお店ですが、ここはぜひ本場で食べてみたいところ!

ディンタイフォン(鼎泰豐) | 小籠包・点心の台湾料理・台北料理|公式

 

マンゴーかき氷

台湾といえばマンゴー!こちらも定番中の定番ですね。

今が旬と聞けば絶対に外せません!楽しみ!

 

タピオカジュース

 

露骨にカエルのイラストが描いてあるこのカップでぜひ飲みたいです。

あのお店はたしか夜市にあるとの情報だったはず…

 

蓮霧(レンブ、別名ワックスアップル)

旅美女会のななみんと舞さんがプッシュしてくれた「レンブ」なるもの。

「経験者は語る」と言うので、これはもう聞いた瞬間からリストに入れました!

 

牛肉麺

 

見た目はシンプルなのに、食べ始めたらおいしくて止まらないとの噂を聞いて。

他にもがっつりご飯系のもので気になるものがいっぱいあったのですが、今のところ優先はこの牛肉麺です!

 

肉圓(バーワン)

 

ジブリ映画『千と千尋の神隠し』でお父さんが食べていたあのブニブニの食べ物が、このバーワンなのではないかとの噂です。あくまで噂。

その噂が違っていてもぜひ食べてみたい、見た目がなんとも不思議な食べ物。

 

食い気だけじゃない!しっかり観光も

 

いくらいつもお昼時に台湾計画を練っているからって、楽しみは食べ物だけではありません!

台湾には私の知らなかった観光地がたくさんありました。

興味を持ったものを厳選し、ちょっとだけリストを公開します。

 

九份の景色を写真に収める

冒頭でも書きましたが、これが今回の旅の一番の目的。

そして一番の楽しみです。

 

龍山寺で祈願

 

「恋愛と仕事が両方うまくいきますように」というお願いを本気でしてきたいと思います。(太字!)

台湾ならではの、おもしろそうなおみくじも引いてきます!

 

九份で頼阿婆芋圓の芋団子かき氷を食べる

また食い物かよ!って思ったそこのあなた。

その通りです。憧れの九份ならではの名物、食べないわけにはいきません。以上。

 

台中の彩虹眷村で写真を撮る

 

彩虹眷村の存在はちょっとだけ知っていたけど、実は台中まで足を伸ばすか迷ってたんです。

でも調べてみると宮原眼科もおもしろそうだし、せっかくの一人旅なんだから行きたいところに行かなきゃね。

 

マッサージをしてもらう

今のところこれはちょっと自分的にハードルが高いですが、ぜひとも挑戦してみたい。

海外はおろか、日本ですら今まで人間にやってもらうマッサージを受けたことがない私にとってはまさに「挑戦」です。色々な面で不安が拭いきれません…

 

現地から手紙を出す

 

旅先から手紙を出して、到着したらちゃんと検印が海外だー!ってなることに憧れています。

時間があればぜひやってみたい。

 

興味があることは全部やってみたい、欲張りな私

 

ここまでが現段階で出ている『台湾でやってみたいことリスト』です。

とはいえ、旅は全部が全部計画通りにはいかないし、むしろ臨機応変で楽しむもの。

食べ物もこれだけのものを3泊4日で食べ切れるとは思っていません。

 

しかし「行ってみたい」「見てみたい」と思ったものに関しては、できるだけ多くを制覇したい欲張りな私。

旅の経験は、今までの自分を変えるというよりも「今までの自分に新たにプラスされる」ものだと考えます。

どの旅も最大の目的は、限られた期間で目一杯、その場所をインプットすること。

 

そしてたくさんの「プラス」に出会うことで、自分をバージョンアップすることです。

もちろん今回の台湾旅も、それを意識して臨みたいと思います。