誕生日に家族への手紙を書くべき3つの理由

 

5月31日に24歳の誕生日を迎えました、安田ケリー(@kry_ysd)です。

去年から、毎年誕生日にやっていこうと決めている一つの行動があります。

それは「家族に手紙を書く」こと。

誕生日という節目に、この行動を取るべき3つの理由をご紹介します。

 

1.「当たり前」に感謝する

実家暮らしの私が、誕生日に家族に手紙を書く第一の理由がこれです。

一緒に暮らしていると家族の誰かが毎日してくれる行動が、どうしても”当たり前”になってしまいます。例えば毎日ご飯を作ってくれる。毎日掃除をしてくれる。毎日洗濯をしてくれる。

でもこれって、決して当たり前のことではありません。

私はこれまでに二度、親元を離れて生活した経験があります。一人暮らしをしていると、仕事で疲れて帰ってきてもご飯は用意されていないし、掃除だって洗濯だって、自分でやらなければいけませんよね。

経験している人は分かると思いますが、それって意外と大変なことです。

 

いつもおいしいご飯を作ってくれてありがとう。掃除も洗濯もしてくれて、本当に助かってるよ。

誕生日という日を機に、普段当たり前になってしまっていることに対して改めて感謝してみましょう。

 

2.自分を見つめる

誕生日に聞かれがちな「◯◯歳はどんな歳にしたい?」という質問。

誰しもが”自分はこうなりたい”という考えを持っていますよね。

その漠然とした思いを文章に起こせば、より明確なものにすることができるのです。私って本当はこう思ってたんだ、という自分の意思がはっきりと見えてきます。

 

これは手紙に限らず、文章を書くこと全般に対して言えますが、あえて手紙に書く理由がちゃんとあります。

“相手に伝える”という意識を持って書けば、より分かりやすく具体的に綴ることができる上、達成率も上がるからです。自分の気持ちを整理しながら、相手にきちんと伝わるよう意識して文章を書いてみましょう。

 

3.自覚する

年に一度の誕生日に手紙を書くということは、ちょっとした「儀式」にもなります。

これを読んでくれている方の中で、日頃から手紙を書く人っていますか?(いたら至急連絡をください!文通しましょう!!…ってぐらい私は筆まめです)伝達するツールが当たり前にスマホである今、普段手紙を書く人ってなかなかいないと思うんです。

そんな時代の中で、年に一度、誕生日に手紙を書く。こういう決め事をしておくと、年齢が変わったことを実感できます。「あれ〜?私って今何歳だっけ?」という、自分の年齢がわからなくなる事態に陥りません。

“日本人は年齢を気にしすぎる”というデータもありますが、”気にしすぎる”と”自覚する”というのは大きく違います。私は「常識的に」とか「現実的に」という言葉が嫌いな典型的な双子座ですが、「社会的」には逸脱してはいけないと考えています。

つまり「◯◯歳にもなって、みっともないことはするな」ということ。

 

まとめ

年に一度の誕生日は、

  • 家族に感謝する
  • 自分の気持ちや目標を整理する
  • 年齢の自覚を持つ

という日です。

ひとつ歳を取るということは、自分にとっても周りにとってもひとつの節目。

この好機に、普段書かない手紙を家族に宛ててみませんか?