典型的な双子座とは私のことだよ【しいたけ占いを読んで】

 

こんばんは、双子座の安田ケリーです。

楽しみにしていたある文章を読んだから、今夜はそのことについて書きます。

 

私のサプリメント「しいたけ占い」

 

いま巷で噂の「しいたけ占い」

ひょんなことから、私もしいたけ先生の大ファンになった一人です。

 

yzworld.hatenablog.com

 

しいたけ占いを見て、占いって「当たる・当たらない」の問題ではなくて、自分で「当てにいく」ものなんじゃないかと感じ始めました。

「占う」=「これからの道標を示す」ということなのではないかと。

 

しいたけ占いとの出会いは、ちょうど私がトラベルライターになりたいという夢を持ったとき。

「夢を持つ」ってワクワクするけれど、同時に不安になるものでもあります。

自分にできるだろうかとか、そもそも何から始めればいいんだろう、とか。

そういう不安を「占う」=「道標を示す」ことで打ち消してくれたのが、しいたけ先生の占いだったわけです。

 

 

そんなしいたけ先生、今日はツイッターで双子座の性質について書いてくれました。

 

 

 

「自称運が良い人って本当に運が強い」。

私は母に、幼少の頃から「あなたは運が良い」と言われながら育ちました。

母は何を根拠にこう言っているのか分かりませんが、このおかげで「私は運が良い」とずっと思っています。

実際どの結果が「運が良かった」ことになるのかは誰にも分からないけれど、少なくとも「私は今までいつでも運が良かった」、更に「これから先もきっと運が良いし、夢もいつか絶対に叶えることができる」って思ってるんです。不思議と。

 

 

そしてこれにも注目。

 

 

 

 

「ピンチ=おもしろい」

「自分に無茶振りする」

これにも思い当たる節が多くあります。

 

一番最近では、自身初の海外旅であるニューヨークへ行ったときのこと。

出発直前に機体がエンジントラブルで欠航、代替便はシカゴでの乗り継ぎ便になるとの案内がありました。

初海外で初欠航で、しかもなんとまさかの初の乗継便と来たのです。

ちなみに英語力は皆無。なので乗り継ぎなんて考えられず、直行便で行くはずでした。

踏んだり蹴ったりだ!と憤慨したのも束の間、

「そ、そう来やがったか…やってやるぞ……(にやにや)」

異国の地での不安満載な乗り継ぎに、ワクワクしちゃったんですよね。

結果、問題なく乗り継ぐことができ、今ではこのことが自信に繋がっています。挑戦してよかったです。

 

他にも、そう言われれば不謹慎なことやピンチなことを面白がっていた自分がいたことを思い出します。

私ってドMなのかなって思ってたけど、双子座の性質なのね。

 

 

しいたけ先生の言うように、おもしろいことが大好きな双子座の私。

しいたけ占いを見ていて思うのは、「当たってる〜!」じゃなくて、「私って典型的な双子座なんだなあ」ということ。 

多少犠牲を払ってでもおもしろいことをしていきたいし、楽しい時間を過ごしたいと思っています。双子座万歳。

 

しいたけ先生、これからもお世話になります。

 

しいたけ占い

https://voguegirl.jp/horoscope/shitake2016-h2/

しいたけ先生Twitter

https://twitter.com/shiitake7919