【保存版】海外旅の日程を組む5つの工程

 

f:id:yzworld:20170625221408j:plain

 

多くの人が仕事の休みを調整したりして、限られた期間で行く海外旅。

何も予定を立てずふらっと行くのも旅人らしくて良いですが、せっかく遠いところまで行くのだから、ある程度は計画を立てたい人が多いと思います。

 

今回は、私が実践した旅の日程の組み方を紹介します。

 

 

 

日程を組むときのポイント

 

まず、旅の観光日程を組むときの一番のポイントは、

行きたい場所ほど日程の最初に持ってくること。

 

最終日ともなると疲れが溜まり、頭では動きたいと思っていても体が動いてくれません。

 

他にも、

・日が先になるにつれて天気の予想がつきにくくなる

・滞在中に体調を崩すかもしれない

・滞在中にどんなトラブルがあるか分からない

などの理由から、目当ての場所はできるだけ日程の最初の方で行きましょう。

そうすると、最終日に予定していた場所が一番楽しみにしていた所だったのにトラブルで行けなかった…という事態にならないで済みます。

  

 

1、行きたい場所をリストアップする

 

まずはじめに、とにかく興味がある場所・行ってみたい場所を書き出してみましょう。

世界遺産、展望台、博物館、レストラン、雑貨屋さんetc…

海外にはおもしろい場所がたくさんありますよ。

 

ここでは旅先をニューヨークに設定し、例に挙げたいと思います。

 

(ex)

キャリーの家、エンパイアステートビルディング、チェルシーマーケット、メトロポリタイン美術館、タイムズスクエアワンワールドトレードセンター、ラデュレ

 

 

2、優先順位を決める

 

リストアップした場所に、優先順位をつけましょう。

「絶対に行きたい場所」と「時間があったら行きたい場所」の二つに大きく分けてから、数字で順位をつけるのがスムーズですね。

 

(ex)

1.エンパイアステートビルディング

2.チェルシーマーケット

3.タイムズスクエア

4.ワンワールドトレードセンター

 ↑絶対行きたい場所

 ↓時間があったら行きたい場所

5.メトロポリタン美術館

6.キャリーの家

7.ラデュレ

 

 

3、行きたい場所の大まかなエリアを調べる

 

目的地のエリアを調べます。大体で構いません。

webで検索するか、ガイドブックをめくってみましょう。

 

(ex)

1.エンパイアステートビルディング(ミッドタウン)

2.チェルシーマーケットグリニッジビレッジ)

3.タイムズスクエア(ミッドタウン)

4.ワンワールドトレードセンター(ロウアーマンハッタン)

5.メトロポリタン美術館(アッパーイーストサイド)

6.キャリーの家グリニッジビレッジ)

7.ラデュレ(アッパーイーストサイド) 

 

 

4、エリアごとに分ける

 

今度は、それらをエリアごとで分けていきましょう。

 

(ex)

(ミッドタウン)

1.エンパイアステートビルディング

3.タイムズスクエア

 

グリニッジビレッジ)

2.チェルシーマーケット

6.キャリーの家

 

(アッパーイーストサイド)

5.メトロポリタン美術館

7.ラデュレ

 

(ロウアーマンハッタン)

4.ワンワールドトレードセンター

  

 

5、そのエリア内で他に興味がある店・場所を探す

 

最後に、エリアごとに他に興味がある店や建物、観光場所を探しましょう。

 

(ミッドタウン)

1.エンパイアステートビルディング

3.タイムズスクエア

・コリアンタウン

・トランプタワー

 

グリニッジビレッジ)

2.チェルシーマーケット

7.キャリーの家

マグノリアベーカリー

・ホイットニー美術館

 

(アッパーイーストサイド)

5.メトロポリタン美術館

8.ラデュレ

・サラベス

ニューヨーク市立博物館

  

(ロウアーマンハッタン)

4.ワンワールドトレードセンター

・センチュリー21

・トリニティ協会

 

 

できあがり!

 

これで、日程の最初に持ってくるべきエリアと、終わりの方で構わないエリアが判断できます。

 

(ex)

初日→ミッドタウン

2日目→グリニッジビレッジ

3日目→ロウアーマンハッタン

4日目→アッパーイーストサイド

 

!注意!

1日の予定をあまり詰め込み過ぎないようにしましょう。

現地を実際に歩いてみたら、思いがけない"おもしろいもの"を見つけ、時間を忘れて夢中になることがよくあります。

そういう現地での"出会い"を想定し、最初はある程度余裕を持って、計画を立ててみてくださいね。

 

 

まとめ

 

f:id:yzworld:20170625221946j:plain

 

いかがだったでしょうか?

 

短い滞在期間中では、エリアごとに回るのが基本です。 

地下鉄やバスを駆使してそのエリアまで行き、予定のエリア内はゆっくりと自分の足で歩いてみましょう。

その土地の雰囲気を、ゆっくり味わってくださいね。