ベロベロに酔っ払ってしまったとき用!「旅」の魅力を語る

f:id:yzworld:20170616221852j:plain

 

先日、「しばらく酒は控える」との宣言をしましたKRYです。

早速過ぎますがそんな宣言も虚しく、少し遅い私の生誕祭という名目で開催された飲み会で、いつも通り飲み過ぎてしまいました。後悔しかないですね。

 

その飲み会で、旅の魅力について語っていたことが発覚しました。

あろうことかベロ酔いの状態で、です。

 

 

旅の魅力について語ったこと自体はうっすらと記憶にあるのですが、何をどういう風に語ったのかを全く覚えていません。覚えていないというか、寝たら忘れるんです私。

 

これは最悪の自体です。

そんなベロベロの奴が語る熱意なんて、内容がきちんとまとまっていないに決まっているからです。

まとまらない内容をダラダラと喋っても、相手に響くわけがありません。

 

しかし酒が入るといつもより熱くなってしまう私。

しかも相手から興味を持って聞かれたこととなると、語らずにはいられないわけです。

 

 

 

ということで、今回はこれ。

 

「酔っ払っていてもこれだけを語れば大丈夫!旅の魅力」

 

未来のベロ酔いの私のために、旅の魅力を4つにまとめました。

 

 

 

まずは肝心な「伝え方」 

 

f:id:yzworld:20170616224040j:plain

 photo by  https://www.pakutaso.com

 

お酒に酔っ払うと、つい長い時間ベラベラとしゃべってしまいますよね。 

そりゃあもう、下らないうんちくを語る上司かよ!ってぐらいに。 

 

そうならないために、伝えたいことは

 

要点だけを簡潔

 

を心掛けましょう。

 

これは文章を書くことにも言えるのですが、一つの文が長くなってしまうと相手に伝わり辛いです。

極力短く区切りましょう。

ダラダラと語られるよりも、ズバリこれ!というようにきっぱりと言い切った方が説得力も生まれます。 

 

 

さて、いよいよ魅力を語ります。

ここからの「」は、ベロベロに酔っ払っている24歳女を想像してくださいね。

 

 

 

「旅」の魅力①

 

「見たことのない景色が見れるよ」

 

f:id:yzworld:20170616224944j:plain

photo by  https://www.pakutaso.com

  

例えば「ナミビア」という国の名前を聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?

私は真っ先に砂漠を思い浮かべます。

と言っても、いつかどこかで見た砂漠の写真がぼんやりと浮かぶ程度。

その写真から得た情報以外は、自分で想像をして作り上げる「ナミビア」です。

 

そんな「想像」しかできない世界を、自分の目で見られるのが旅の魅力です。

想像するのと実際に見るのとでは、あらゆることが、違い過ぎるほど違います。

 

 

 

旅の魅力②

 

「食べたことのない物が食べられるよ」

 

f:id:yzworld:20170424234619j:plain

 

世界には、私達の知らない食べ物がたくさんあります。

「食べること」は私達人間から切り離すことのできない、命の儀式です。

旅をしていてもそれは欠かせません。

現地で見つけたおいしそうなものや珍しいものを食べられるのは、旅の醍醐味です。

 

私が今興味を持っている食べ物は、台湾料理の肉圓(バーワン)。

かの有名なジブリアニメ、千と千尋の神隠しでお父さんが食べていたぷにぷにのアレを想像してください。

真偽は定かではありませんが、そのモデルがこの肉圓だという説があります。

私のように、アニメを見ていて「何これ!食べてみたい!」と興味を持った人もいるはず。

旅先を台湾にすれば、そんな不思議な食べ物を実際に食べてみることもできます。

 

 

 

旅の魅力③

 

「現地の人とふれあえるよ」

 

f:id:yzworld:20170616225355j:plain

photo by  https://www.pakutaso.com

 

不思議ですが、旅先で見た景色より、旅先で関わった人の記憶の方が鮮明に残っているものです。

例えばその旅で親切にしてくれた人がいれば、いつまでも良い思い出だし、たとえ嫌な事で関わったとしても、反省したりそのことから学習したりして、記憶にいつまでも残ります。

 

異国の人と交流するというのは、私が考える「旅」の一番の魅力です。

 

 

 

旅の魅力④

 

「その土地の雰囲気を肌で感じられるよ」

 

f:id:yzworld:20170616225958j:plain

photo by  https://www.pakutaso.com

 

便利な今の世の中、世界を旅するテレビ番組もあるし、ネットで見たい景色を検索して画像や動画を出すこともできます。

でも、それだけではその土地の「空気」は感じられませんよね。

実際にその場所へ行けば、画面越しに見るだけでは伝わらない空気感じることができます。

自分の肌で。持っている感覚全部で。

 

例えば、芸能人をテレビで見るのと生で見るのとでは、オーラが違うように。

 

その場所に実際の雰囲気は、間違いなくあなたを感動させるでしょう。

 

 

ベロ酔いのあなたのために

 

f:id:yzworld:20170616230317j:plain

photo by  https://www.pakutaso.com

 

いかがでしたか?

もしベロベロに酔っ払っていても、この4つを語れば、旅の魅力は十分に伝わると思います。

語れないほどベロベロに酔っ払っているのであれば、このページをあらかじめブックマークして、このページごと相手に見せるのも良いかもしれませんね。

 

私はというと今度こそ禁酒宣言!さよならお酒!