「人生を変える第一歩」23歳最終日の私より

 

こんばんは、明日2017年5月31日に24歳を迎えるKRYです。酉女です。

 

昨年までは誕生日が来ても歳を取らなければいいのにと、本気で思っていました。

しかし24歳の誕生日から、歳を取ることを嫌がらないと決めたのです。

詳しいことはこちらの記事を参照。

yzworld.hatenablog.com

 

 

23歳最後ってことで。

個人史として、23歳はどんな歳だったかを振り返りたいと思います!(誰も得しないのは重々承知でござるよ)

 

記事の最後にちょっとしたメッセージ。

「23歳最終日の私から、人生を変えたいあなたに」

 

 

2016年5月、23歳の誕生日を迎える

母と祖母に感謝の手紙を渡す。これは人生で初の試み。

誕生日は、育ててくれた家族に感謝する日なのだと知ったから。

母がウクレレでハピバの曲を弾いて歌ってくれました。最高の家族。

 

6月、ひたすらドンチャン騒ぎ

一生付き合っていきたいと思っている愉快な仲間達と、ただただ酒をかっ喰らう日々。(この月に限らず2017年5月現在まで飽きもせず同じメンバーでかっ喰らってるんだけどね)

この愉快な仲間達に限らないけれど、未だに変わらず仲が良いのって高校時代に出会った人が多い。

理屈とか抜きで心から大好きな人達って数少ないし、そういう人達は私にとって一番の宝物。

 

7月、京都でアートに浸る

ダリ展、ポールスミス展、アート・アクアリウムをはしごするという、アートにどっぷりな1日を過ごしたのがこの暑いそして熱い7月。

予備知識すら無かったにも関わらず、そのシュルレアリスムの世界観に完全に引き込まれたダリ展。

絵画でこんなにワクワクできたのは人生で初めて。

このダリ展のおかげで、アートに対する意欲がますます高まった。

 

8月、腰まであった髪をバッサリ切る

別に失恋したとか、大きな決意があったとかではなく。

このときはただ単に暑いから切りたい!とかいう理由だったけれど、これも今の自分のきっかけだったのかなと思うこともなくはない。(曖昧)

髪の毛って自分の一部じゃん?

めちゃくちゃ長かったのを一気に切って短くするって、それなりに勇気がいるわけです。

髪をバッサリ切ったことで、自分には勇気があるんだってことを実感したようなしないような。

 

9月、一瞬の別れを経験する

ちょっと整理し始めた頃。そして自分の未来を見直し始めた頃でもある。

結果的に、ちょっとした節目になったのがこのとき。

一年を通して本を一番多く読んだのもここ。まさに読書の秋。

西尾維新森見登美彦森博嗣筒井康隆赤川次郎なんかの作品を読み漁った。

 

10月、まさに「秋」

瀬戸内国際芸術祭の舞台・香川県を訪問し、船で島々を渡りつつ、数々の芸術作品を体感。

一番印象に残ったのは、世界中の人々の心臓音を集めた作品。

あの暗い空間で感じた音と雰囲気は、なんとも奇妙なものだった。

毎年恒例のハロウィンパーティーも欠かさず。

おもしろそうなことに首を突っ込むのは正解以外の何物でもない。

 

11月、またしても酒をかっ喰らう

いやだから酒漬けなのは一年間ぶっ通しなんだけど、この月ほんとに酒飲んだことしか記録されてない。

大阪にニューヨーク留学のセミナーを聞きに行ったはずなのに、昼間からHUB荒らして裏なんばに突撃してる。なんのこっちゃ。

ニューヨークの航空券+ホテルを確保。そして確定。

 

12月、ニューヨーク計画が本格的に始動

にも関わらずここでも相変わらず酒をry

有馬記念で負けたのもry

ニューヨークについてガイドブックやネットで情報収集の日々。

ワクワクが止まらない!

 

2017年1月、現在の私に繋がった別れを経験

初めてパスポートを取得したり、引き続きニューヨーク計画を練ったり、たくさんワクワクした期間。

でもそれだけではなかった。

念願のニューヨークを訪れるという、私の今後の人生に必ず何らかの影響を与えてくれるであろう経験。の前に、片付けたかった問題がこれ。

この別れがあったことで、今の私がいます。ありがとう。

 

2月、23歳で恐らく酒を飲んだ回数が一番少ない期間

来月に迫るニューヨークのために自粛しまくったときですねわかります^^

しかしあろうことか胃と歯に異変が。内科と歯科に通う日々…

月末、いよいよニューヨークへ出発!

 

3月、ニューヨークでの日々

現在の私を構築している一部、念願のニューヨークでの日々!

突然のトラブルの対処で行動力が磨かれ、

現地の人とふれあうことで人間が好きになり、

なによりも世界への憧れが一層強くなった旅になりました。

帰国後は酒の飲み過ぎで胃カメラ。マロリーワイス症候群と診断omg!

気が抜けたこともあり、とにかく大人しくしてました。

 

4月、いよいよここから!

胃が落ち着いて時間にも余裕ができ始めたことにより、自分の将来を真剣に見つめる。

自由になったことだし、今の私ならなんでもできるんじゃないか?と。

今まで真剣になれる夢を持ったことのない私が、ついに「本気でやりたいこと」を見つけた瞬間だった。

ブログを開設、最初はとにかく一ヶ月間毎日更新を目標に掲げる。

記事を書く傍ら、なるべく具体的に将来をイメージしながら試行錯誤。

 

そして現在。5月、将来のイメージがより具体的に

「旅すること」「書くこと」「おもしろくすること」を常に頭の隅で考えることができている2ヶ月目。

と言ってもまだまだ結果は出ず、歯がゆいことばかり。

これからも新しいやり方を試しながら、頭を回転させる日々が続きそう。

(そして相変わらず禁酒が続かず、とうとう本気で悩み始めている。)

 

実は本日の昼間に、とっても嬉しいお知らせを頂きました。

23歳最終日の今日です。タイミングがすごいです。

これはもう23歳の私から24歳の私にバトンタッチ!がんばれよ!

ってことなんだと思います。

この辺は24歳最初の記事で改めて語ります。

 

 

 

いかがだったでしょうか?

とにかく禁酒ができず困っているようですね。(そこじゃねえよ)

 

 

冗談はさておき。

 

23歳という歳は、自分自信を見つめ直す機会が今までで一番多かった気がします。

何回目かの人生のターニングポイントだったなと。

そこで感じたのが、日常の中で起こることって、良いことも悪いことも全部が全部、今後の自分へのきっかけになっているということ。

 

大きな出来事じゃなくても、例えば何気なく目に止まったツイートが、自分を変えることだってある。

例えば街で見かけた広告が、人生を変えることだってある。

自分を変えたい人、人生を変えたい人は、日常の中で常にアンテナを張ることが、変化への第一歩なのです。

 

 

変われないのはきっかけがないから、なんてことは絶対にありません。

私は書店で出会った一冊の本がきっかけで、トラベルライターになりたいと思うようになりました。

 

きっかけは誰でも見つけられます。

「変わりたい」と思ったら、まずはアンテナを張ってみて。

 

明日24歳になる、23歳の私より。