足を進める先々で、この街のことをもっと好きになっていく。ーチェルシーマーケット

 

ベスーン・ストリートを西へ歩く。

エスト・ストリートという大通りに出ると、道路の向こうに広がるのはハドソンリバー。

川の水が想像していたより大分濁っていたが、これがアメリカの川というものなのだろうか…

なにしろ地元が田舎で川が清流なので、こんなに濁った川はほとんど見たことがない。

 

川の向こうに見えるのはニュージャージー州

5番街やホテルにいると街中なので忘れてしまいがちだが、マンハッタンは島なのだ。

島の最西端から、向こうの州がこんなに近くに見えることにはしゃいだ。

f:id:yzworld:20170427193300j:plain

 

また少し降ってきた雨に濡れながら足早に川沿いを歩くと、後ろから走ってきたマラソン集団に追い抜かれる。

アメリカ人って、走っているだけでかっこいい。

しかもその集団は若い男性ばかりで、あろうことか、平然とした表情でTシャツを脱ぎながら走っている。

その光景に、すっかり目がハートになってしまっている同行者を笑った。

 

 

途中、ストアを覗くためにホイットニー美術館に立ち寄る。

美術館という場所がもともと好きなのだが、昨年京都にダリ展を見に行ったのをきっかけに、以前より多く足を運ぶようになった。

今回何箇所かの美術館に立ち寄る予定を組んでいたが、作品を鑑賞する時間は確保できなかった。

このホイットニー美術館でも、いつか作品を鑑賞したい。

f:id:yzworld:20170427193330j:plain

 

 

今日のメインといっても過言ではないチェルシーマーケットに辿り着いたときには、もう雨は上がっていた。

初めて見たガイドブックのページが、何故かこのチェルシーマーケットだったことを覚えている。

お土産探しに最適なスポットで、連日観光客で賑わっている場所だ。

f:id:yzworld:20170427193403j:plain

 

入ってすぐに、目当てのFat Witch Bakeryを見つける。

日本にも上陸しているブラウニーのお店で、魔女のイラストが可愛い。

手に取ったバラ売りの小さなブラウニーの中に、カタカナで「シトラスベイビー」と書いてあったのを見つけ、思わず「ここってニューヨークだよね?」と再確認してしまった。

かわいい手のひらサイズだが、一つ一つがずっしりと重い。

f:id:yzworld:20170427193427j:plain

 

文具や雑貨が置いてあるショップでは、お土産の定番のポストカードや、ニューヨークに関する本が目につく。

本や写真集に目がない私、しかもその内容は大好きなニューヨーク。

私はもちろんこのコーナーに飛びついたのだった。

 

 

快く購入した写真集と、NYUで母へのお土産に買ったパズルの重さが想像以上に私の体力を削る。

荷物を持ち直してふと顔を上げると、目の前にあるジェラート屋さん輝いて見えた。

 

L'Arte Del Gelato。ガイドブックでも見たショップだ。

ショーケースの中には、色とりどりの果物のジェラートが。

優柔不断な私は散々迷って、ミックスベリーとキャラメルチーズなる2フレーバーをチョイス。

選ぶときに興奮していて、思わず日本語で「これ!」とショーケースの中を指差すと、店員の男性が笑ってくれた。

会計を済ませると、にこにことした表情で「バーイ!」と手を上げてくれる男性。

いかにも観光客慣れしていて始終笑顔で対応してくれるので、アイスひとつ買うだけなのにとても楽しい。

ジェラートがこれまた食べたことのない美味しさで、最高の休憩タイムとなった。

L'Arte Del Gelato

http://lartedelgelato.com/index.html

f:id:yzworld:20170427193500j:plain

 

chelseamarket.com

75 9th Ave.  New York, NY 10011