私の「サプリメント」は、不思議なきのこ。

 

良く言えば「素直」、悪く言えば「影響されやすい」という自分の性質に気付き始めたのは、もう随分と前になる。

その頃から私は、占いを見るのを自然と避けていたのかもしれない。

 

占いというのは良いことだけを書いているとは限らないし、そもそもそんな目に見えないもの、信憑性のカケラもない。

そう批判するものの、朝テレビをつけていたら必ず流れてくる占いコーナーで、自分に都合の悪い内容が目に入ってしまうと、その日1日、そのことをふとした瞬間に気にしてしまう。

内容が当たるか当たらないかではなく、人一倍気にしいな私は、占いによってその日の気分が左右されてしまうことがある。

自分勝手だが、朝から人の気持ちをブルーにさせてくれやがるこの娯楽を、毛嫌いするようになった。

 

興味の対象が「変」な私

 そんな私が、ひょんなことから毎週欠かさず見るようになった占いがある。

 

「しいたけ占いって知ってる?」

少し前にニューヨーク旅を共にすることが決まった、私より歳上の彼女。

私と価値観が似ていてさっぱりとした性格なので、とても好感が持てる。

 

彼女の言う「しいたけ占い」とは、人気ファッション誌『VOGUE』で連載している占いのことらしい。

本当に当たる!ということで、最近流行しているそうだ。

 

私は早速、インターネットの検索欄に「しいたけ占い」と入力した。

占いを毛嫌いしていた私が、なぜすんなりこの「しいたけ占い」とやらを受け入れたのか。

言わずもがな、「当たる」というベタな売り文句ではなく、「しいたけ」というわけのわからないワードに興味を持ってしまったのだった。

 

「しいたけって(笑)」

そう笑っていた私が、このあとこのしいたけとやらに敬称をつけて、崇拝するようになろうとは。

 

きのこの魔法

「しいたけ」というワードに反応し検索してみたものの、ぶっちゃけなくても占いの内容には期待していなかった。

 

それにしても占いなんて真剣に読むの、何年ぶりだろうか。

そんなことを考えながら、とりあえず上半期と書かれた占いをタップしてみる。

最初はただなんとなく読んでいたが、当たると言っても未来のことは確かめようがないので、次は去年の下半期の文章を読んでみた。

 

すると、さすが当たると人気のしいたけ占い。

全部が全部じゃないが、驚くことに、ある程度の事柄が当たっている。

それよりもすごいのは、占いを忌避していた私を夢中にさせる、しいたけ様の文章だった。

 

まず内容が当たっていることに驚いた私は、数人の友人に「当たるよ!」と言ってURLを送りつけた。

するとその中の一人から、「抽象的でよく分からなかった」という返答が来た。

考えてみるとたしかに具体的ではないが、だからこそ自分に都合のいい捉え方ができるのではないか。

まさにここに書いてあるようになりたいと思ったら、努力次第で「当たる」確率が高くなるのだろうし、その努力に関してもご丁寧にアドバイスまでくれている。

読めば読むほど、自分の進む道のヒントになると私は思うけどなあ。

 

そこまで考えて、ハッとした。

占いに対してマイナスな固定概念ゴリゴリだった私が、こんなことを思うなんて。

胡散臭いと思っていた占いの言葉を、素直に受け入れることができている「自分」に驚愕したのだった。

これは、しいたけ様の言葉を借りるなら「今まで持っていたこだわりを捨てた」瞬間のひとつだったのだろう。

 

 

自分で「当てにいく」

占いというのは、結局のところ娯楽なのである。

生活に不可欠なものではないし、人生なんてなるようになると言われれば元も子もない。

しかし私にとって、未来についての占いが、現在の自分への助言になっていることは確かだった。

だって、これによって私は今の夢を見つけたし、その夢のために今こうしてアクションを起こしている。

 

「当たっている」のではなく、自分で「当てにいく」。

私は「占い」というものを、これからは「未来へのヒント」と解釈することにした。 

 

こうして記事を書いている最中に改めて占いを見てみると、自分への期待に思わず胸が高鳴ったり、ニヤニヤしてしまう文章があったりする。

しいたけ占いは、まさに私にとって「サプリメント」になったのだった。

 

これに関しては「影響されやすい」私でよかったと思えるほど、素直に受け入れることができた。

見るよりも見た方が、これからの生き方へのヒントになる。

そう考えるようになって以来、私は定期的にこの「サプリメント」を読んで、自分をワクワクさせている。

 

  

今日この記事を書いていて、新たにしいたけ先生のツイッターをフォローした私なのだった。

 

f:id:yzworld:20170416094342j:plain

出典 http://voguegirl.jp